Q1:パーソナルカラーが分かると、どのようなことに活用できますか?

 

A:洋服のコーディネートの色など、身につけるすべての色が迷わず選べます。女性でしたら、アイメイクの色、口紅の色、ヘアカラーの色も選びやすくなります。

私は、パーソナルカラー別に洋服のトータルコーディネートをお勧めしています。1つのシーズンタイプの色だけでコーディネートすると、無駄な色がなくまとまりやすくなります。

また、ベースもバリエーションの広いコーディネートに利用できます。イエローベース(Springタイプ、Autumnタイプ)にはゴールド系のバック、ブルーベースの人には(Summerタイプ、Winterタイプ)にはシルバー系のバックなど。

 

 

Q2:自分のパーソナルカラーではない、似合わない色の服を持っていました。似合う方法はありませんか?

 

A:似合わない色の対処法あります。1.メイクで違うタイプになりきる。(例、Summerタイプ→アイラインを太くしてWinterタイプ)

2.似合う色をお顔の近くにもってきてごまかす。(例、ストール、ネックレスなどを似合う色にする。)

 

Q3:好きな色と似合う色は違いますか?

 

A:好きな色が似合わないこともあります。似合う色は自分を素敵に見せてくれるから愛着を感じ、嗜好色になっていく方も多いです。

 

Q4:ノーメイクで診断しますが、メイクをすると似合う色のタイプは変わりませんか?

 

A:似合う色のタイプは変わりません。厚化粧や、本来の自分の色素と違うメイクの色を使うと、タイプが違って見えることもあります。 

 

Q5:髪の毛を、黄みがかったライトブラウンに染めたら似合う色は変わりますか?

 

A:似合う色に影響が出やすいのが、Summerタイプ、Winterタイプです。元々ブラウン系は苦手な色だったのがなじみやすくなりますが、肌の色や唇の色とのトータルバランスが崩れてしまいますので素敵には見えません。Springタイプ、Autumnタイプの人はあまり影響を受けません。

 

Q6:日焼けして肌が黒くなったら似合う色のタイプは変わりますか?

 

A:基本的には変わりませんが、肌の色素が濃くなるため、濃い色がなじみやすくなります。ご自分のタイプの中にある、濃い色を選んであわせるといいです。

 

Q7:年齢を重ねると似合う色のタイプは変わりますか?

 

A:似合う色のタイプは変わっていく方もいらっしゃいます。年齢を重ねると髪の色の色素が薄くなるため、明るい色、薄い色が似合ってくる傾向があります。

 

Q8:パーソナルカラーを勉強したいのですが?

 

A:NPO日本パーソナルカラー協会の「はじめてのパーソナルカラー」という本がお勧めです。色彩検定も本格的に学びたい人にお勧めします。